しおまち書房は、広島で編集ディレクション・文章作成を行う小さな制作事務所です。

リトルプレス(自費出版・電子書籍)

あなたの作品が本になった時、世界はすこしだけ変わるかもしれません。

LITTLE PRESS

「リトルプレス」とは、少量自主制作書籍の名称です。あなたの作品を「本」として編むお手伝いをしています。

広島を基盤に、
小部数の自主制作「本」をつくっています。

誰もがデジカメやスマフォで写真を撮り、ブログやソーシャルメディアで発表できる時代になって久しいと思います。個別の作品に流れやストーリーを持たせるツールとして「本」はまだまだ可能性があるツールです。好きなページから読むWebとも違い、特別な操作も必要とせず、「本」は作り手の想う方向へ、作品の流れを構成することが可能な、掌(てのひら)の上の小さな展覧会だと思います。

たくさんのひらめきや才能が世の中にはあるなかで、形にするすべに気づかないことで、それらが埋もれているとすれば、第三者の目で「本」という形にすることで新しい一歩になります。本は贈ることもでき、売ることもできます。まだまだ可能性を秘めた「本」という形を、編集者としてお手伝いしています。作品の意味を理解し、また著者の本当の想いを理解しながら、一冊の本として紡いでいく。そんな小さな取組みを「しおまち書房」は広島を拠点に続けています。

自費出版と少量自主制作の違い。

少量自主制作本は、最近「リトルプレス」や「zine」とも呼ばれており、全国的にも静かなブームとなっています。広い意味では従来の「自費出版」に含まれるものですが、いわゆる「自費出版」として各所で宣伝されている従来の書籍制作スタイルは、大量に制作して、書店への流通までを出版社が取扱うものが多く、店舗流通を任せる反面、営業費がプラスされ比較的高額になりやすい要素があります。
イメージ

「しおまち書房」が提唱する少量自主制作本(リトルプレス)は、最低限の小部数を印刷し、献本やプレスリリースに使用するほか、インターネット販売や、直接の取引で店舗販売をするというスタイルです。まずは作品を本にまとめてみたい…。一歩ずつステップアップするツールとして「本」をつくりたい。客観的な目で作品が本になるのかを検討したい…。編集者の目で作品を見て欲しい…という方をお手伝いしております。

こんな方に、ご依頼いただいています。

  • 自分の作品が「本」として成立するのか客観的に見て欲しい。
  • 他のアーティストとのコラボレーションで「絵本」をつくってみたい。
  • リーズナブルに、まずは「本」の形にしてみたい。
  • 自身の個展やイベントで販売する図録となる冊子をつくりたい。
  • 親族や取引先に配布する冊子をつくりたい。
  • 文学賞に応募するために本の形にしたい。
  • 自身の店舗とインターネットで販売する本をつくりたい。
  • Amazon に登録して販売するために、ISBNコードを付加して欲しい。
  • 電子書籍を出版したい。

ご利用者様の声

  • 詩集「まんなかとうしろとまえ」

    詩集を出版したことでペンネームで呼んでくださる方が増え、つながりの輪と活動の場が広がっています。

    りんごゆきさん
    詩集「まんなかとうしろとまえ」著者
    詳細を見る

  • 視よわれ戸の外に立ちて叩く

    祖母の思い出をカタチにして残したくて「本」に。いつもページを開いては祖母を想い出します。

    レイハーモシーラ恵玲美さん
    お祖母様の絵手紙集制作のご依頼者
    詳細を見る

  • あなたへ 宇宙絵師 浜田香織 詩画集

    「瀬戸内から発信する」という活動テーマに共感しました。想いが一冊の形になって、嬉しかったです。

    浜田香織さん
    「あなたへ」著者
    詳細を見る

  • Photo&Message 心のあかり 光の風景

    「美しい一冊」が完成した時は嬉しかったです。イベント出展などに役立っています。

    MOMOさん
    「心のあかり 光の風景」著者
    詳細を見る

  • お散歩達人の歩いた ひろしまスケッチブック

    やりたいことを精一杯すると人から感謝される。そんな体験ができたのはこの本から。活動の幅も広がりました。

    竹田道哉さん
    「ひろしまスケッチブック」著者
    詳細を見る

 

編集者よりメッセージ

「しおまち書房」のネーミングの元となった「潮待ち」は、瀬戸内海が日本の海運の中枢だった時代に、その寄港場所として栄えた港への滞在を意味しています。そこでは、商業の交易があり、そして文化や情報の交差点でもありました。今では、往時に比べると、そういった港は寂れてしまったのかもしれません。けれど、かつての時代のように、再び地方からの発信が価値を持つ時代がきっと来ると思います。その潮流をみつけていきたい。そんな想いで「しおまち書房」を立ち上げ、小部数自主製作本(リトルプレス・自費出版)のお手伝いをしています。広島に、そして中国地方に、「本」の文化の潮流を広めていきたいと、そのかすかな一歩にでもなりたいと、そう考えています。
久保浩志

しおまち書房 久保浩志

たとえば、音楽の世界で、まずじぶんたちで作品を商品化して販売し始めたり、動画サイトで共有し、そこから人気が出て、結果としてじぶんの思う形での発信を勝ち取るアーティストがいます。同じことが、「本」の分野で起ったのが「リトルプレス」や「zine」といった小部数自主制作本という現象だと解釈しています。自分で作った本をイベントや個展、あるいはインターネットで販売する動きは、ここ数年高まりを見せています。「本」づくりに関わってきた経験を活かして、あなたの「一歩」をお手伝いしたいと思います。ぜひご相談ください。
「本と自由」店頭の様子

本と自由(広島市)で販売されている地元の自主制作書籍やCD

「リトルプレス」と、「自費出版」の違い

ネットやSNSを活用することで、少数印刷の本を大切に活用する。それが「リトルプレス(小部数自主制作本)」の大きな特徴です。出版社等の手がける「自費出版」との違いをまとめてみました。


リトルプレスと自費出版の違い
リトルプレス 自費出版
制作部数
必要最低限に抑えることをご提案しています。 ある程度の部数制作を前提としている傾向があります。
仕様
予算や作品のスタイルに応じて、その都度オーダーメイドで決定しています。

※場合によってはインターネット活用との連動や、ご自身での手作りもアドバイス致します。

基本形があり、またカバーや帯など費用がかさみやすい企画となっています。
販売
献本やご自身でのイベント等での販売を中心と考え、小部数の販売をネットや直取引でお手伝いしています。 関連のある書店等にて販売されます。

※昨今は店頭にあるだけでは売れるとはいえない状況です。

費用
編集費用+印刷費用(基本)

※ご希望予算に応じて仕様や部数をご提案しています。地元の作品を大切にしたいとの想いから、できる限り抑えた費用としています。

※販売については取扱いマージン(20%)を売価からいただくのみとしています。

編集費用+印刷費用+営業費用

※営業費用があるため、比較的高額になりやすい傾向があります。

告知
「本を出版する」という事実に部数の大小は関係ありませんので、出版した事実をネットやSNSで告知し、長期視野でPRを行います。

※希望されない方は除く。

各社様により異なります。

「リトルプレス」は、
作品の魅力をじんわりと広げていくツールです。

本の世界だけでなく、アートや音楽の世界も同じ状況ですが、今や、作品をリリースするだけで、世間から注目されるという時代ではありません。アーティスト自らがイベントやネットなどを通して、自身と作品を継続してアピールする活動スタイルがスタンダードになっています。

そんな時代に、一冊の本に高額な費用をかけ「一発逆転」を狙うことには無理があります。しおまち書房の考える「リトルプレス」は、少ない費用で制作した「本」を、ご自身の活動の「ツール」として長い期間活用するという考え方から成り立っています。作品を手軽に手に取っていただくパッケージとしての小さな「本」。その制作をお手伝いしています。

  • 上記は、制作した本を一般公開や販売をされる場合の比較です。一般公開しない配布用・献本用の書籍の制作も承っております。ご希望される場合、制作した情報を第三者に公表しないことも可能です。
  • 書籍の制作については、著作権や肖像権等、国内の法規に基づいたアドバイスをさせていただきます。個人配布用にはあまり制限はありませんが、販売や公開を前提とする書籍は、各種法規を順守する必要があります。
  • 販売に関するサポートは、弊社で書籍や印刷物等を制作された方へのアフターサービスの一環と考えており、他で制作された書籍の販売は原則として行っておりません。予めご了承ください。

制作までの流れとスケジュール

企画・コンセプトづくり
台割
台割(どのページに何を掲載するかの割振り)
※文字数などの決定。
作品の執筆~チェック
表紙関連デザインの開始→ご確認
各ページの制作・デザイン
確認・校正
印刷・製本
ご納品
  • 制作期間は企画内容や編集規模により異なります。企画・制作で約2~6ヵ月。その後印刷・製本で1か月程度がめやすとなります。
  • 納品場所が遠方や複数となる場合は、別途送料をお見積りいたします。

ハードカバー化も可能です

ハードカバー加工の本制作する本の一部を、職人の手によるハードカバー(上製本)に加工することも可能です。ご自身の保管用はもちろん、献本用やギフト用にご利用いただけます。

ISBNコードも付加できます

ISBNコードを付加した例公式の出版物として国会図書館に納品できるISBNコードをご希望により付加できます。Amazonマーケットプレイスでの書籍販売には、ISBNコードが必須となります。

リトルプレス・zineの
イベントもご紹介します

日本各地で、少部数自主制作本(リトルプレス・zine)を対象としたイベントや展示会などが開催されています。本を制作されると、そういったイベントにも参加が可能となりますので、弊社で著作物を制作された著者の皆様には、そのイベントの都度お知らせさせていただきます。

※出展に関する費用は著者のご負担となります。

zineイベントの様子

岡山市で開催されたzineイベントの様子

電子書籍化も対応しています

書籍の種類によっては、印刷だけでなく、電子書籍(アマゾン Kindle 用)制作も対応可能です。しおまち書房は、アマゾンKindle 向けの出版アカウント「アマゾンKDP」を有しております。アナログの方がいいのか、デジタルが適しているか、本の内容により適性がございますので、アドバイスさせていただきます。
タブレットで見るイメージ
少部数自主制作本(リトルプレス・zine・自費出版・電子書籍)の詳細は、案内書類をまずはご覧ください。
(PDFファイル PDFリーダーはこちら


対応範囲:広島県および周辺県域
弊社所在地は自宅兼事務所となっておりますので、申し訳ありませんが、お打合せは広島市及び周辺の各所(カフェ等)および、ご希望の場所(勤務先・ご自宅等)に出向いて行っております。ご希望の場所をお申し付けください。
※遠方の方は、スカイプやメール等でのご相談も可能です。